自分の燃費を把握してアイドリング時の燃料の参考にしよう

近年、ハイブリッドカーやEV車が登場して大きく燃費も向上しました。
EV車の場合、燃料を使わず家庭での充電で走行でき、ガソリンを大きく下回る価格で走行できますが、車両価格が高く、それを補うものまでとはいきません。
ハイブリッドカーにしても、かなり価格が下がってきたにせよ、ガソリン車と比べるとまだまだ価格は高く、車種によっては100万円以上も価格が高いものもあります。
毎月のガソリン代が2万円程度として年間24万円で5年で約100万円ですが、一般家庭で1台に20000円ガソリン代を使用するのは少ない方ではありません。
このことから言えるように燃料がくうから買い替えるというのはいかにもコストが高くなります。
女性02                                                                          

現在乗っている車で燃料消費を少なくする乗り方を工夫してみましょう。
アクセルの踏み方一つでリッターあたり1キロは延ばすことが出来ます。
さらに、不必要な時に満タンにしないことです。
燃料は残量が少ない時の方が消費が少なくなる傾向が見られます。
単調な国道などの走行では、ある程度のスピードが出ればアクセルから足を離すことも消費を抑えます。
余計な荷物を載せないことも大切です。
余計なアイドリングを少なくし、長時間の停車はエンジンを切ることが大切です。
ガソリンの特売日を狙い、カードポイントなども活用するとお得となります。

Comments are closed.