アイドリングストップで小さな積み重ね

“走行中にできるエコドライブの一つにアイドリングストップがあります。信号に停車したときに、エンジンを切るわけです。もし10分間アイドリングをストップすることができたなら、約0.15~0.2ℓのガソリン消費を抑えることができます。金額に換算すると30円前後になります。また、排ガスも10分間で約70~100g削減させることができます。排気ガスの削減は温暖化の原因であるCO2が削減されます。わずかな削減かもしれませんが、この小さな積み重ねが、大きなエコを生み出すのです。
                                        女性05                                   

ただ、アイドリングをストップする度にキーを回してエンジンのオンオフをすると、手間がかかり、再始動するときも時間がかかったり、スターターモーターやバッテリーに負荷を与えてしまったりというデメリットが生じます。そこで最近の車には自動でアイドリングのストップとエンジンの再始動を行う機能がついた車が出回るようになっています。
ブレーキを踏んで車が止まるとエンジンも自動で止まり、アクセルを踏むと自動でエンジンが再始動される仕組みになっています。また再始動する際には、スターターモーターをアシストする機能がついており、キーを回してエンジンを始動させるのに比べて大幅に時間を短縮し、スターターモーターなどにかかる負荷も低減させることができるようになっています。”

Comments are closed.