アクセルワークを身につけて加減速の少ない運転を

燃費の消費量は運転手の技量によって大きく変わってきます。つまりどれだけアクセルを踏み込まずに加速をして、加速する必要が無いときにはその速度を維持して出来るだけアクセルを踏まないように出来るかということです。出来るだけブレーキを踏まないようにして運転する意識で臨めば自ずと急発進や急加速はしなくなります。この加減速によって燃料が大きく消費されます。試しに急発進や急加速を繰り返す走りを一時間続けて、次に安全でエコな走りをしてみると一目瞭然です。
女性09

前者の走り方では見るからに燃料が減っていますが、後者の走りであればほとんど燃料を消費していません。高速道路を走っている時の燃費の消費量を見れば、いかに急加速や急発進で燃料が無駄にされているのかがわかります。高速道路は回転数の多いギアでブレーキや加速をほとんど行わずに走るので、ほとんど燃料を消費することなく走ることが出来ます。つまりこの走りを普段の道路でも心がけて実行することによって、燃費の消費を格段に抑えることが可能になります。アクセルワークを身に着けるには二台前の車に注意して自分の前を走っている車がブレーキを踏むタイミングを見定めます。そうすることによって安全に走行することが出来ます。

Comments are closed.