エアコンの控えめ使用を心がけよう

車の燃費は誰もが気にするところです。CM等で出ている燃費の数値はあくまで一番燃費の減りにくい走行をし続けた場合の数値です。道路には信号が付いているので必ず出かければ一度ならず複数回に渡って一時停止することになります。そして一番燃費を消費するのが発進時です。急発進することによって更に燃料を消費してしまうことになります。では走り方以外で行えるエコ行動はエアコンを切るということです。
                                                                                 

数多くの燃費の消費量を上げる行為の中で一番燃費を消費する機能であり、これを切るか設定温度を上げることによって無駄な燃費をカットすることが出来ます。かと言って真夏に全く冷房を付けないのは熱中症になる危険性があるのでほどほどの温度設定で点けることが大切です。出来るだけ窓を全開にして外の空気を取り入れて、車内に空気の流れを作ることによって涼しくなることも可能です。燃費節約についてまとめると、急発進や急加速はしないということと冷暖房は出来るだけ使用しないということです。また、電源ソケットを使用して携帯電話を充電したりすることも燃費に影響します。中には大量の電化製品を使用する人もいますが、一歩間違えるとバッテリーが上がる可能性があるので注意したいところです。

Comments are closed.