燃費の向上のために普段から気をつけられること

燃費は走り方によって大きく変わってきます。乱暴な運転をしている人であればあるほどに、燃費の消費量が大きくなります。乱暴な運転とは急加速や急発進です。この行為は一番燃費を消費する走り方であり、燃費だけではなくエンジンやブレーキにも大きな負担を与えることになるのでしないほうがいいです。そして周りの車にも迷惑をかけることになります。では普段から行える燃費を節約する為の行動とはどういったものか説明します。まずゆっくり発進することです。目安としては5秒かけて時速20kmまで速度を出します。
                                                                                 

そして徐々に法定速度まで上げていくようにします。大事なのはその後です。空いているからと言ってそれ以上のスピードを出しては加速の時に燃料を消費することになります。そして急に信号が変わったときに急ブレーキをかけることになるので、スピードを出して良い事は一つもありません。そして長い信号に引っかかった時にはアイドリングストップを心がけます。これは完全にエンジンを停車するので全く燃料をカットしている状態です。つまりこれ以上エコな行動は無いということです。気を付ける事は短い信号ではやらないようにするということです。あまり点けたり消したりを繰り返すことはエンジンにとって負担となります。

Comments are closed.