走行中に心がけてできること

エコドライブを心がけたいなら、急発進をしないことはもちろん、走行中もアクセルを頻繁に踏み込んだり、戻したりというような運転をしないで、アクセル開度を一定に保つように運転することが肝心です。強く踏み込めばそれだけ多くのガソリンがエンジンに供給されることになるので、燃費が悪化してしまうからです。また、もし同乗者がいる場合、そのような運転をしていると気持ちを悪くさせてしまうことでしょう。エコドライブの基本は急発進をしないということ、一定の速度に保って走行するということ、この2点が最も大切なのです。
女性04

また急ブレーキも良くありません。急ブレーキをかけるということは、余裕を持った運転をしていないということでもあり、そのようなドライバーは発進時も急発進をしやすいのです。つまり、エコドライブとは安全な運転と言い換えることもできるかもしれません。
さらにエコドライブの番外編としては、トランクに重い荷物を入れっぱなしにしないことも大切です。重量増によってやはり燃費は悪化するからです。タイヤの空気圧も適正にしておかないと燃費に悪影響を与えます。特に空気が少なくなると燃費は悪化しますので、月に一度はチェックすることが大切です。

Comments are closed.